Gackt file

[Gackt file―1999 to 2004]

雑誌UVでのGacktの過去の記事をまとめた本。
Gacktを知ったばっかりの頃、これを読んで、いいなーと思ったのは、たとえば新しいシングルやアルバムが出る時の記事。最終的に大きな形で示されるGacktの創る物語の一部が、そのCDから少しずつ見えてくるっていうこと。新しいCDを手にするたびに少しずつ、物語の形が見えていくっていうのも楽しんじゃないかなーと。それはリアルタイムならではの楽しみ方なわけで。
その頃は既に発売された過去の作品を集めるっていう楽しみ方だったから、リアルタイムで楽しめた人がうらやましいなーとか

今思うと、後から楽しむのも似たようなものだって気づいたけど。
しかも当時はせっかくだからと、「Rebirth」の場合は先にライブDVDを買ってからアルバムを買ったりして、また違った楽しみ方したりしてた
それはそれで、少しずつ物語を解き明かしていくことには変わりないんだよね。
その方が自由に楽しめてよかったかも…なんて 過去作品を集めるのってお金はかかるけど気軽だし

CD一枚買うのにもそこに物語のかけらを期待して買ってたなあ(今でもGacktに関してはそうだけど) 懐かしい
音楽じゃないところこそを楽しんでたというか。だから「君に逢いたくて」と「ありったけの愛で」は買わなかった。当時Gacktばっかり聴いてたのは「今ほど音楽好きじゃなかったからこそGackt」だったんだよね笑
音楽家だからって音楽だけにかだわらない柔軟な姿勢は創作家としてかっこいいと思うし、“ヴィジュアル”系の鑑だよね

なんか昔話が多くなってしまうなぁ…
そんなことはともかく、「Requiem et Réminiscence II」のこれからに期待したい! ツアーは参加できなかったけどまだ楽しめそう
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-25 20:52 | GACKT
<< B-T-B お題「最近の娯楽」更新 FEAST OF V SENSES >>



V系ファンブログ
by natsuki1224
メニュー
カテゴリ
全体
LUNA SEA
GACKT
DIR EN GREY
L'Arc~en~Ciel
BUCK-TICK
Laputa
D'ERLANGER
Sleep My Dear
La'cryma Christi
清春
cocklobin
そのほか
海外アーティスト
雑記
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
最新のトラックバック
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧