Jesus

[Jesus(Gackt)]

これはいいなあ!
「DIABOLOS」のときから徐々にハードロック要素をいれはじめたらしいけど、そのあたりから曲もあまり好きじゃなかった(好きだけど、Gacktには期待するものが大きいからいいとは思えなかった) もちろん、単純にハードになったから好きじゃなくなったってわけじゃないけど…
今思えば少しずつ新しい方向性を探ってたのかもしれない。そう思えるくらい『Jesus』は曲のハードロックなとこがGacktの世界観に活かされてて、ひとつ昇華されたような感じがする。どこかいままでに無い感じがする。
「MOON」よりもバンド性を重視した「Rebirth」の世界だからということもあるのかな。とにかくどちらにしても素敵。

でもそれよりも今後に期待したくなったのはカップリングの『Sayonara -ЯRⅡ ver.-』で、特にバイオリンのフレーズが…原曲の何倍も情景が思い浮かぶような雰囲気があって…夜に吸い込まれる慟哭のような。ピアノも、原曲より抑え目なのに感情が深い。
こんな感じでまた世界を作っていってほしいなあ。

『Jesus』は今までに予想してなかった方向性が追及されてて、その分、なのか『Sayonara』はもともとGacktに期待してたものが強く出てて、どっちも好きな曲。
最近の曲はいまいちぱっとしなくて、いっそ昔のように戻ったほうがいいんじゃないかとGacktファンらしくないことを思ったりもしてたけど、やっと新しいGacktの世界に期待が持てた。
よかった 楽しみ

不満なのは、Dears限定盤の方がジャケットが好みなことです笑
Dears会員じゃないから買えない…
物語の登場人物らしい人を写したジャケット、あるいみ「忘れないから」とかみたいな感じ。この方がイメージが広がって好き。

あと『再生と終焉』みたいな、小さい物語をパッケージングしたような作品も安正してほしいけど、今どきあんなのは売れないんだろうな。無理だろうな。
[PR]
by natsuki1224 | 2008-12-06 15:56 | GACKT
<< ガクトロニカ バトン >>



V系ファンブログ
by natsuki1224
メニュー
カテゴリ
全体
LUNA SEA
GACKT
DIR EN GREY
L'Arc~en~Ciel
BUCK-TICK
Laputa
D'ERLANGER
Sleep My Dear
La'cryma Christi
清春
cocklobin
そのほか
海外アーティスト
雑記
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
最新のトラックバック
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧