カテゴリ:La'cryma Christi( 8 )
&・U

[&・U(La’cryma Christi)]

La'cryma Christiのリマスターアルバム。
リマスター前のものは聴いたことないけど、多分そんなに変わらないのかな? 前作までのアルバムは聴き比べてみたけど、少し硬質なイメージになって楽器ひとつひとつがはっきり聴こえるようになった印象。
特徴的なツインギターを聴くためには嬉しい改善です。

このアルバムはそもそものミックスが、そんなにギターを目立たせてない感じかも。
歌の印象が強くなってるけど、じっくり聴いてみるとやっぱりツインギターが優しくてかっこよくて切り込んでくるようで、きれいです。
全体的にポップな雰囲気だけど、貫きとおしてて良い。ラクリマって曲が多彩な分、時々散漫に感じることがあるけど、このアルバムは「and you」というテーマと、ポップな雰囲気とでひとつの軸が通ってて、統一感があって一気に聴ける。その一本の軸の上で右に左に踊るようなギターが印象的!

ひととおり聴いて見えてくるイメージは、海が見える景色の午後から夕焼けの似合いそうな、優しい赤が焼けつくような情熱。TAKAの声も歌い方もじわっとそこにはまってて、とても良いアルバムです。
[PR]
by natsuki1224 | 2011-10-30 22:06 | La'cryma Christi
Lhasa

[Lhasa(La’cryma Christi)]

全盛期で、有名な曲も入ってる3枚目。
音だけで独特な世界を描くセンスは相変わらず。そこに独特な詞が加わって、より不思議な雰囲気に。
このアルバムは、今までの「異国情緒」的なものよりはむしろ、「La'cryma Christiの世界」そのものを感じる気がする。異国的といえば異国的だけど、この世には無い別世界、のような。土偶をデザインした変なジャケットは、意外と、曲の雰囲気そのままかも……

「yours」と題された前半はポップな曲、後半の「ours」はマニアックな曲、という構成。確かに前半はシングル曲中心の聴きやすい音楽。ただそれは曲の聴きやすさに限ったことで、聴いたときに浮かぶイメージというか宇宙観、のようなものはすでに独特(そして後半はもっと濃い)
この雰囲気は特に最後の曲「Zambara」に集約されてると思います。彼岸を越えた先にある真っ白な世界の、海辺でのんびり過ごす気分。La'cryma Christiという宇宙が表現されたアルバムだと思う。異世界的だけど、どこか日常的な思想も混じった音楽。
タイトル曲の「Lhasa」はとてもきれいな曲なので、おすすめです。

リマスターは、「Dwellers of a sand castle」の感想でも書いたけど、音の一つ一つがはっきり、重くなってるのでライブっぽさが増してます。このバンドのアンサンブルは、なんだか言葉で説明できない美しさが感じられる。ふたつのギターが他の楽器に絡み合っていく感じが、やわらかくて綺麗。
[PR]
by natsuki1224 | 2011-04-03 18:42 | La'cryma Christi
Sculpture of Time

[Sculpture of Time(La'cryma Christi)]

ラクリマシリーズ。今日はこのアルバムのリマスター版を聴きました。
このアルバムについて書くの何回目なんだ笑 さすがに感想もまとまってきた気がします。

ヨーロッパ風の幻想的な雰囲気が表現されていた前作とは、またちょっと違った雰囲気のアルバム。アジアやアフリカの、自然と人工物の入り混じった土着文化的な世界観。土の香りがしてきそうな。
民俗音楽っぽい、ってわけじゃないんです。あくまでロックという表現手段を使って、そういう世界を作り上げているところがまた良い。なんて表現力豊かな楽器と歌だろう。
それでいて、根っこにあるのはLa'cryma Christiの独特な雰囲気。こんなイメージを持っているバンドは他に無いし、それをこういう風に演奏で表現できるバンドも他に無いと思う。ヴィジュアル系ならではの、美しく幻想的だったり、黒くてダークだったりな世界とは全然違うので、好みは分かれそう。

リマスターは、今回もロックな、バンドの音ひとつひとつを強めたようなマスタリング。音の厚みが増して、さらに音がはっきり聴こえるようになったおかげで、その向こう側が見えてきそうな感じ…霧の向こう側とか、異国の路地裏とか、奥深いところ。今まで見えなかったところに潜り込んで行けそうな感じ…
音は前よりヘヴィなんだけどね。前も絵としては綺麗だったけど、リマスター版は裏側が見えてきそうな感じ…? 臨場感があって、別の世界に入り込めそうな雰囲気が強まった気がします。

Amazonのレビューにもリマスターについてのレビューがあったので、これから聴いてみようという人は参考にしてみるといいかもしれないです!
[PR]
by natsuki1224 | 2011-03-06 01:35 | La'cryma Christi
Dwellers of a Sandcastle
La'cryma Christi、黒夢、D'ERLANGERの再販版のアルバム全部揃えました…と思ったら黒夢の新宿LOFTライブアルバムをまだ買ってなかった。
この、バンドが復活するとアルバムが新しい仕様で再版されるというのが好きです。これから集めようという人にとって嬉しい。


[Dwellers of a Sandcastle(La'cryma Christi)]

で、今日はラクリマの「Dwellers of a Sandcastle」を聴きました。
前も書いたけど、ラクリマの紙ジャケットシリーズはかなりおすすめです!厚めの紙にざらざらしたコーティングの紙ジャケ。ちょっとしたカードみたいなその手触りがラクリマらしいし、紙ジャケらしいコンパクトさにも合う。

リマスタリングは、前よりもロック!な感じの硬質なマスタリングになってるんだけど、これが意外とこのアルバムの雰囲気に似合うというか…。
ひとつひとつの楽器の音がはっきりしてる分、その、楽器と楽器の間の何も無いところの空気感がCDでも感じられて、すうっと空気が通り抜けていくような感じ。エフェクトがかかったギターの残響も、その透き通った空気に自然ととけていく感じ。PVのイメージ通り、イタリアの路地に迷い込むような空気感。
あと、ライブっぽさも感じられるようになって、このバンド独特な、全員の演奏が合わさった時のきらきらとしたグルーヴ感をアルバムでも楽しめるようになって嬉しい!

昔のを中古で買って持ってたけど、これもわざわざ買った甲斐があったよー
また何度も聴きたくなります。
[PR]
by natsuki1224 | 2011-02-22 00:31 | La'cryma Christi
La'cryma Christi
La'cryma Christiについて書こう書こうと思ってるうちに、もうすぐ一年経ちそうだから書こう!CDの感想は前に少しだけ書いたけど、全然まとまってませんでした。
かなり好きなバンドのひとつで、再結成の時は、ライブまでは行かなかったけどかなり盛り上がりました。というか未だに自分の中で熱が冷めてないです。

初めてこのバンドの音楽を聴いたのが一年半くらい前。その時はもっとヴィジュアル系らしい、ベタな曲を聴きたいと思っていた頃だったから、これは違うなーというのが第一印象でした。でもあの(初期作品で聴ける)異国情緒な雰囲気は元々好きだったから、まあまあ興味はあるかも、という感じ。

それから何度か聴いてるうちに好きになったけど、なんでこのバンドが好きなのか、説明できそうにない。とにかく色々なものがラクリマの音楽の中には含まれていると思う。TAKAの響き豊かな歌声とか、不思議な世界観の歌詞とか、HIROとKOJIの、複雑だけどきれいに響きあうギターとか、ああもう、色々。色々ありすぎてとらえどころのないバンドイメージそのものまで含めて、La'cryma Christiという音楽だと思う。
再結成ライブのDVD-BOXも買ったんだけど、観てるとやっぱりきれいだなって思う。音がきれい、じゃなくて音楽が、その演奏が鳴っていることそのものがきれい。ただCDを聴いて、DVDを観てるだけで心地よいバンド。時々、異国の風景が浮かんでくるようなところももちろん好き。
[PR]
by natsuki1224 | 2010-10-22 11:21 | La'cryma Christi
Sculpture of Time

[Sculpture of Time(La'cryma Christi)]

このアルバム、はじめて聴いたときは良いような、でも聴いてて飽きてしまうような感じだったとこないだ書いたのですが、急に、かなり好きになってきました。
ジャケットが気に入ってこのCD買ったのだけど、アートワークを眺めながら聴いてるともっと良い感じ。この異国情緒。ときどき外国の夢を見るのですが、その世界に近いです。ファンタジー的な異国感が綺麗。
最後の曲も明るい雰囲気で、ヴィジュアル系らしいしっとりバラードで終わらせないアルバムなのですが、そこがこのバンドからどこか感じる能天気さとか、気楽な空気感に似合ってる。それでいて空に広がっていくようなさわやかさが最後に残る。

La'cryma Christiというバンド自体そうだったんだけど、はじめて聴いたときから「けっこう好きかも?」と思いつつも本当の魅力に気づいて心から「お気に入り!」となるまでには時間がかかった。どこかマニアックなバンドなんだろうと思います。
[PR]
by natsuki1224 | 2010-01-17 13:09 | La'cryma Christi
南国/THE SCENT
 
[南国(La'cryma Christi)] [THE SCENT(La'cryma Christi)]

「Sculpture of Time」の感想で、似たような曲が多いように感じるって書いたのですが、シングルなんかだと、カップリングと二曲できれいにまとまってる気がします。この頃のラクリマのシングルが好きで、いまどきこの8cmシングルを新品で買ったりして、ときどき聴きます。ジャケットも綺麗で好き。
「南国」のカップリング「morning whisper」みたいな控えめな曲はラクリマでは珍しいかも。アコースティックギターがメインの落ち着いた曲で、ギターフレーズの不思議な旋律がエスニックで好き。
[PR]
by natsuki1224 | 2010-01-03 23:34 | La'cryma Christi
Sculpture of Time

[Sculpture of Time(La'cryma Christi)]

ラルクに時々ある、異国情緒を感じる曲が好きで、そういう曲やってるバンドないかなーと思っていたらすこし気に留まったバンド、ラクリマクリスティ。
最近お気に入りのバンドなんですが、はじめて聴いた頃はなかなか良さが分かりませんでした。異国の雰囲気がある曲は良いんだけど、それだけが魅力のバンドというわけではなさそう。でもその魅力がなかなかつかめない…
よくも悪くも個性の強いバンドで、一見キャッチーでもじっくり聴こうとすると難解かもしれないバンドです。

このアルバムは、ジャケットが気に入って最初に買いました。
ヴィジュアル系にありがちなへヴィやダークな方向性が薄く、和やかな雰囲気のアルバムなんだけど、そのせいか、さらっと聴いただけだと似たような曲が多いように感じてしまっていまひとつ通して聴けなかった(でも今はけっこう気に入ってます)
ラクリマの中で一番きれいで幻想的な空気感のアルバムだけど、それだけじゃなく、やっぱりバンドの個性を好きになれないと楽しみつくせないかなーというか…
文章がまとまらないですね笑 不思議な雰囲気のバンドですよ。
[PR]
by natsuki1224 | 2010-01-03 23:22 | La'cryma Christi



V系ファンブログ
by natsuki1224
メニュー
カテゴリ
全体
LUNA SEA
GACKT
DIR EN GREY
L'Arc~en~Ciel
BUCK-TICK
Laputa
D'ERLANGER
Sleep My Dear
La'cryma Christi
清春
cocklobin
そのほか
海外アーティスト
雑記
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
最新のトラックバック
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧