カテゴリ:GACKT( 19 )
今日は月がきれいで、空を見上げてると
GacktのMOONという作品にはじめて触れたときのことを思い出した。
あの時の感動を言葉で表すのはすごく難しい
やっぱりMOONとCrescentが一番好きだ

そのあたりの話もいずれ書きたいんだけど
なにせ何年か前のことだし なかなか言葉になりません

MOONという世界に浸りきっていたことが
ひとつの思い出に感じられるほどの力があったんだ
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-06 00:32 | GACKT
Journey through the Decade
最近Gacktかっこいいと思いつつあります…

というのは、元々Gackt好きだけど「DRUG PARTY」の頃から
アーティストとしての魅力をほとんど感じなくなってたんです。

が、最近『Jesus』以降の「Requiem et Réminiscence II」のコンセプトで
作品を作りはじめてから昔の魅力が戻ってきたと感じる。
やっぱりこういう、ただ音楽をやるだけじゃなくて作品を通して世界をつくるってのがGacktの本業だし、それをやってる時は活き活きして見える!

というわけで他の仕事をしてる時のかっこよさも違ってくる気がする


[Journey through the Decade(Gackt)]

そんな最近のGacktを観たい!という動機で買った仮面ライダーの主題歌シングル。
「Requiem et Réminiscence II」シリーズのシングルDVDがファンクラブ会員じゃないと手に入らないのでフラストレーションも溜まってたので、DVD付きは嬉しいです笑
曲は、Gacktがほかの人の歌をうたう時の、純粋に歌唱力の高さからくるかっこよさは知ってたから十分期待して。そしたら期待通り! ライダー的な世界観のかっこよさも相まってむしろ期待以上のヒーローソング。

ビデオも仮面ライダーとのコラボですごい好き!
ライダーは観てないけどそれでも面白い
例のガンダムのアレも好きだったし今回も楽しめたー
とりあえず満足
[PR]
by natsuki1224 | 2009-04-30 22:22 | GACKT
OTHER SIDE OF HEAVEN'S DOOR
Gackt 10 YEARS ANNIVERSARY COUNTDOWN 4週連続シングル

またファンクラブ限定盤あるの…かんべんしてください 買えなくて残念です
でも多分これからもあるんだろうな 毎回残念がろうかな
とはいえ新しいことをしてくれるのは本当に楽しみ!
6月も楽しいことがあってよかった
[PR]
by natsuki1224 | 2009-04-24 00:55 | GACKT
GHOST

[GHOST(Gackt)]

…なんて書いてやろうか
聴く前は「期待はずれだった!」って書いてやろうかと思ってた
もうこの際、すごく厳しい目で見てやろうと思ってて発売前にネットで少し聴いた時はあまりいい印象は無かったんだけど。
CDでじっくり聴くと全然いい曲だった…

聴きながらいろいろ考えてしまった
いろいろ考えすぎてうまく文章にできそうにないけど

少なくとも単純に音楽としては、最近ロック好きなこともあって好き 聴いてて気持ちいい ただ個人的にGacktに求めるものは大きいからそれだけで褒める気には全然なれない(そういうことなんです、って自分でも改めて気づいたことだけど)
『GHOST』と『Blue Lagoon』は聴いてて心に入ってくるものがあったよ
期待したよりは新しい感じは無かった単純にいい曲だった
久しぶりに「Rebirth」のコンセプトをやったのがよかったんだと思う。また「MOON」だったら精神的にネタ切れなんじゃないだろうか

あとは…
マイナスな感想もあったけど まあいいや
楽しませてもらおうじゃないか
[PR]
by natsuki1224 | 2009-02-11 01:53 | GACKT
ガクトロニカ
やっぱり、Gacktはどんどん新しいものを作っていってほしい!
と急に思った。

『Vanilla』を発表した時はそれまでのイメージと違ってて賛否両論だったらしいけど、自分はその時をリアルタイムで経験しなかったからその変化については特に何の感想もないんだ。金髪もかっこいいなぁくらいで…笑
逆に、「DIABOLOS」の時はそういう変化が感じられなかった。曲だけちょっとロックテイストを強めてみたりとかしてたみたいだけど、本質的な変化が感じられなかった。今までの世界観を繰り返すだけ、そこに込められた物語も、最初から用意してあった「MOON SAGA」をなぞるだけみたい。自分も物語を書くから、そういう時期もたまにあるのは分かるけど…Gacktの物語は好きだけど、ただ物語を読むだけじゃなくてそこに強い想いが感じられるから好きなんだ。

そんなこんな考えてたとこで、ニューシングルが発表になりました。

GHOST(リンク)

あ、もしかしてなんかいいかも…
また予想外の新しいことをしてくれそうな雰囲気があって楽しみ。
真っ赤なジャケットデザインが既に予想と全然違うとこをいってくれた!
こんなのもありなんだ!って。

そっか! これがGacktなんだ。
まあまだ曲も聴いてないしわからないけどね。
新しいことをやってくれないと新しい物語を待つ意味がないから
もっと期待させてほしい。

あーあー楽しみ
[PR]
by natsuki1224 | 2008-12-12 00:23 | GACKT
Jesus

[Jesus(Gackt)]

これはいいなあ!
「DIABOLOS」のときから徐々にハードロック要素をいれはじめたらしいけど、そのあたりから曲もあまり好きじゃなかった(好きだけど、Gacktには期待するものが大きいからいいとは思えなかった) もちろん、単純にハードになったから好きじゃなくなったってわけじゃないけど…
今思えば少しずつ新しい方向性を探ってたのかもしれない。そう思えるくらい『Jesus』は曲のハードロックなとこがGacktの世界観に活かされてて、ひとつ昇華されたような感じがする。どこかいままでに無い感じがする。
「MOON」よりもバンド性を重視した「Rebirth」の世界だからということもあるのかな。とにかくどちらにしても素敵。

でもそれよりも今後に期待したくなったのはカップリングの『Sayonara -ЯRⅡ ver.-』で、特にバイオリンのフレーズが…原曲の何倍も情景が思い浮かぶような雰囲気があって…夜に吸い込まれる慟哭のような。ピアノも、原曲より抑え目なのに感情が深い。
こんな感じでまた世界を作っていってほしいなあ。

『Jesus』は今までに予想してなかった方向性が追及されてて、その分、なのか『Sayonara』はもともとGacktに期待してたものが強く出てて、どっちも好きな曲。
最近の曲はいまいちぱっとしなくて、いっそ昔のように戻ったほうがいいんじゃないかとGacktファンらしくないことを思ったりもしてたけど、やっと新しいGacktの世界に期待が持てた。
よかった 楽しみ

不満なのは、Dears限定盤の方がジャケットが好みなことです笑
Dears会員じゃないから買えない…
物語の登場人物らしい人を写したジャケット、あるいみ「忘れないから」とかみたいな感じ。この方がイメージが広がって好き。

あと『再生と終焉』みたいな、小さい物語をパッケージングしたような作品も安正してほしいけど、今どきあんなのは売れないんだろうな。無理だろうな。
[PR]
by natsuki1224 | 2008-12-06 15:56 | GACKT
Gacktの創る物語
一年ごとに独自の物語を創り出していた初期のGackt JOBがすごく好きで、だけどその活動を知ったのは『Crescent』でだったから、「MOON」や「Rebirth」の物語をリアルタイムで追いかけることはできなかった自分。
その分、その次の2004年「GIFT」の年は、一年かけて過去の作品を全部振り返ってじっくり楽しんだ。シングルコレクションに入ってた解説書で今までの活動を知るところから始まったのが、なつかしい。雑誌UVのインタビュー記事をまとめた「Gackt FILE」を読んで、今までの物語もリアルタイムで追うことができればよかったのに…とも思いつつ、それができなかった分、自分なりに追体験してみるのも充実して楽しかった。
「GIFT」のコンセプトそのものも好き。『THE SIXTH DAY』とか『Love Letter』はよく聴くアルバム。
2005 年「DIABOLOS」は「MOON」の物語をまたやるってことで、自分にとっては待望の年だった。その第一弾『BLACK STONE』は今でもお気に入りのシングル。ただ「DIABOLOS」というコンセプトはなんでか思ったより楽しめなかった。
そのままGacktは充電期間に入って、それまでのような活動は無いまま…時々リリースされるシングルの世界にもそれほど入り込めず、なかなか楽しめないまま最近まできてるんだけど…
ついに始まった新しい世界「Rebirth 2」…最新作『Jesus』からもうその世界に入り込みかけてる。ファンになってから5年、ようやく、Gacktの世界にリアルタイムで入り込めそうかも、と期待する今日この頃。
すごく期待してる!
[PR]
by natsuki1224 | 2008-11-28 01:44 | GACKT
Gackt tour 2008-2009
また久しぶりだけどてきとうにかいていこう。

まずGacktのツアー発表されたね(ほんとにいまさらや・・・)
いまからライヴそのものよりDVDがたのしみ。
また、ひとつの物語としてかんせいされた素敵なDVDを作ってほしい
こういうのほんと久しぶりだねGackt

それでニューシングルも発表だ すごいうれしい
またいろんな物語をソウゾウできるのかな
限定版のジャケットがGacktじゃないとこが好き これもひさしぶりだし
Gacktじゃないジャケットの方が好きなことが多いよ
Dearsじゃないから買えないけど…

リンク貼っておこう
Gackt Live Tour 2008-2009 Requiem et Reminiscence II ~再生と邂逅~
Jesus
[PR]
by natsuki1224 | 2008-10-19 04:37 | GACKT
Gacktの世界との出会い
僕は昔はヴィジュアル系アーティストが苦手で、どちらかというと嫌いだった。
元々J-POPとかって聴かない方で、特にV系に関しては耽美系の雰囲気が肌に合わないなあと思って食わず嫌いだった。
でもそれが変わったきっかけがGacktの作品との出会いだった。

Gacktに最初に出会ったのは大学受験生だったころ。夜遅くまで起きてることが多くなって、なんとなくつけたラジオでやってたのが「Gacktのオールナイトニッポンコム」。
そういえばテレビでちらっと見たことあるなーと思って、話も面白いから毎週聴くことにした。でもその時は彼の音楽には興味が無かった。
そのラジオで12月近くになるといつも流れていた「12月のLove song」。せっかくラジオ聴いてることだし、CD買ってもいいかな、と思ってそのCDを買った。当時はJ-POPはあまり聴かないと言っても気まぐれでCD買ってみたりすることはたまーにあって、GacktのCDもその中のひとつだった。
そのころになると何気にGacktのファンになってたりして、彼がテレビに出る時は(覚えていれば)チェックしたりもしていた。その後もCDが出たら買う感じだったけど、ヴィジュアル系に対する偏見はたしかまだ持っていた、と思う。

そんな中で決定的な衝撃を受けたのは、Gacktのアルバム「Crescent」だった。
ファンだったのでとりあえず買ってみた。知ってるシングル曲もいくつか入っててなかなか楽しめた。
このCDには前作アルバム「MOON」の歌詞カードも入っていて、そこには「MOONの物語を心の中でソウゾウしてほしい」というGacktからのメッセージが載っている。はじめはよく理解できなかったけど、毎日このCDを聴いているうちにそこに込められたメッセージの意味に気がついた。
歌詞を見ながらアルバムを聴いている時、そこに込められた世界の切なさに思わず涙が出た。そしてアルバムの中に、とても深いレベルで物語がこめられていることにきづいた。
その瞬間、GacktだけでなくGacktの世界観そのもののファンになった。そしてGacktのヴィジュアル表現がその世界観を表現するためにあることにも気がついて、ヴィジュアルアーティストという表現手段の深さにも気がつくことができた。とにかくもっとこの世界に触れたい!と思って今まで手を出したことも無い写真集などのグッズにも手を出し始めたし、その頃はとにかくアイテムを買い集めてGacktの世界を追い続けた。

もうその頃はGacktの世界しか見ていなくて、他のV系アーティストに手を出す、ということは全然ありませんでした笑 一年半くらいはGacktしか聴いてない感じでした…
今はその頃に比べればいろいろ偏見なく聴いてますが、最初にV系への偏見を消してくれたのはGacktだったなあと思います。今では逆にV系大好きさんです。
ただ、最初に触れたのがGacktのすごく高度な世界観だったので、V系に対する期待のハードルはかなり高めで、結局ファンになるのは有名どころばっかりになってるなあ、とそんなV系ファンライフです。

今でも好きなアーティストを聞かれたら一番にGacktを必ず挙げてるよ。
[PR]
by natsuki1224 | 2008-07-13 23:07 | GACKT



V系ファンブログ
by natsuki1224
メニュー
カテゴリ
全体
LUNA SEA
GACKT
DIR EN GREY
L'Arc~en~Ciel
BUCK-TICK
Laputa
D'ERLANGER
Sleep My Dear
La'cryma Christi
清春
cocklobin
そのほか
海外アーティスト
雑記
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
最新のトラックバック
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧