<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Gackt file

[Gackt file―1999 to 2004]

雑誌UVでのGacktの過去の記事をまとめた本。
Gacktを知ったばっかりの頃、これを読んで、いいなーと思ったのは、たとえば新しいシングルやアルバムが出る時の記事。最終的に大きな形で示されるGacktの創る物語の一部が、そのCDから少しずつ見えてくるっていうこと。新しいCDを手にするたびに少しずつ、物語の形が見えていくっていうのも楽しんじゃないかなーと。それはリアルタイムならではの楽しみ方なわけで。
その頃は既に発売された過去の作品を集めるっていう楽しみ方だったから、リアルタイムで楽しめた人がうらやましいなーとか

今思うと、後から楽しむのも似たようなものだって気づいたけど。
しかも当時はせっかくだからと、「Rebirth」の場合は先にライブDVDを買ってからアルバムを買ったりして、また違った楽しみ方したりしてた
それはそれで、少しずつ物語を解き明かしていくことには変わりないんだよね。
その方が自由に楽しめてよかったかも…なんて 過去作品を集めるのってお金はかかるけど気軽だし

CD一枚買うのにもそこに物語のかけらを期待して買ってたなあ(今でもGacktに関してはそうだけど) 懐かしい
音楽じゃないところこそを楽しんでたというか。だから「君に逢いたくて」と「ありったけの愛で」は買わなかった。当時Gacktばっかり聴いてたのは「今ほど音楽好きじゃなかったからこそGackt」だったんだよね笑
音楽家だからって音楽だけにかだわらない柔軟な姿勢は創作家としてかっこいいと思うし、“ヴィジュアル”系の鑑だよね

なんか昔話が多くなってしまうなぁ…
そんなことはともかく、「Requiem et Réminiscence II」のこれからに期待したい! ツアーは参加できなかったけどまだ楽しめそう
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-25 20:52 | GACKT
FEAST OF V SENSES
一ヶ月経ってから書くライブの感想。
参加したのは東京の二日目でした。

一曲目が「INCONVENIENT IDEAL」!
いつもはすごい存在感を放っている京が、一曲目静かな始まり方だからかいつもより小さく見えたなあ。それがなんか不思議な感じがした。そして「VINUSHKA」で徐々にエネルギーを放ち始めて、あとはいつも通りのパワフルなライブ!

音響の問題もあるかもだけど演奏は粗く聴こえた。むしろ粗さに惚れて好きになったんだけどね、ディルは。「THE MARROW OF A BONE」を聴いたときのことだけど
それが、「UROBOROS」でだいぶに技巧的な方向性に変わってきたことも悪くないと思う。でもライブとなるともっとちゃんとした演奏ができるともっといいなーと感じました。「UROBOROS」は

そういえば、前みた時は小さい会場だったから、うしろに映像が映し出される演出ははじめて生で観たよ。ディルならバンド自体のパワーがすごいから、ああいう演出はいらないかもと思うときもあるんだけど
それも含めて、小さい会場で観る方が好きかも。次回はまた地元に来てほしいな
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-25 20:41 | DIR EN GREY
B-T PROJECT

B-T PROJECT

B-T PROJECTを更新しました。
BUCK-TICKの曲をイメージしたイラストを描く企画で、BUCK-TICKファンの友達とやってます。今回はアルバム「memento mori」のイラストを更新中です。
BUCK-TICKファンの人がいたら見てね!
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-25 12:33 | BUCK-TICK
棚が
そろそろヴィジュアル系専用の棚を用意しないとわけわからんくなる
てか用意したい
そうやって整理するのも楽しそう
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-23 20:53 | 雑記
じっくり
最初は気に入らなかった曲でもじっくり聴いてると、ところどころ面白いと感じる部分はあるなあ 音楽って面白い あえて好きな音楽の理想は高くもちつつも楽しみたいんだ

最終的には自分がほんとうに好きなものは自分で作ろうと思ってる。
バンドなんてやる仲間はいないけど、一人でもヴィジュアル系っぽい音楽を作って自分で楽しむのもいいんじゃない
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-22 22:18 | 雑記
流行
最近いろんなヴィジュアル系(主にひと昔前のインディーズ)のCD聴いたりビデオ観たりたくさんしてるけど、みんな似たようなのばっかりだ。自分が選ぶのがかたよってるってのもあるけど…(なにしろジャケットで選んだりしてる) とにかく似たようなのばっかりで、ほんとに飽きてくる。いっそ飽きて嫌になるくらいまで聴こうかと思ってる。そしたらそれ以外の個性的なのがもっと聴きたくなって楽しくなるはず
それにしてもセンスを感じないバンドばっかり。ヴィジュアル系全盛期の、ヴィジュアル系レーベルやらなんやらが活動的だった時期くらいになると、要はそのへんになるともう流行りでやってるのばっかで全然センスが無いバンドだらけ。
ヴィジュアル系ならわりとなんでも許せるっていう感性って、最近のアニメでいうと萌え絵ならだいたいなんでも気にいってしまうようなんと似たようなものじゃないか。そんな自分も、曲がよくなくてもヴィジュアルが気にいったりってことはあるけど
でも萌え絵も好きなんでいいです。いいんだ! まとめる気のない文章です!

とりあえず とりあえずね、そんな中でもこれだけたくさん聴いてるとたまーに気に入ったバンドはあったりするから悪くない趣味だなー ヴィジュアル系のCDジャケットを集めるだけでも楽しいから損はしないし
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-22 21:49 | 雑記
GLADIATOR EVOLUTION ORIGINAL SOUND TRACK
GLADIATOR EVOLUTION ORIGINAL SOUND TRACK

GacktのグラディエイターのCD、予想外に良い!
企画ものみたいなコンピレーション的な作品は今までいまいちパッとしなかったGacktだけど、(あとDRUG PARTYのDVDも最悪の出来だった)
これは全然そんなことなかった。
再録した曲もかなりかっこよくなってる
特に『Asrun Dream』が好きだー 元の曲の雰囲気がもっと深まった

あと『REDEMPTION』聴いててはじめて明確なイメージが浮かんだなあ
『届カナイ~』の後にこの曲がくるこの部分、「DIABOLOS」の世界の縮図みたい
ここの流れがやけにストーリー性がある…
「DIABOLOS」も『届カナイ~』もあまり好きな作品じゃなかったけどね。
「DIABOLOS」、またじっくり聴いてみようか!
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-20 01:10 | GACKT
EVANESCENT

[EVANESCENT(VAMPS)]

VAMPSの、デヴィッド・ボウイのカバーがかっこよすぎる!
そんなに期待してなかったのになんだこれ かっこいい
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-17 20:24 | L'Arc~en~Ciel
David Bowie

[Sound + Vision(David Bowie)]

最近お気に入りのアーティストはデヴィッド・ボウイ。
デヴィッド・ボウイは昔はグラムロックを代表数するロックミュージシャンとして知られていたことで有名です。グラムロックってのはいわゆるお化粧ロックというか、派手なメイクとかをしたロックアーティストなんだけど、ボウイの作品はただ派手なだけじゃなく深く作りこまれたところがあって、単純に音楽とかヴィジュアルだけでなくそんなところも好きです。

たとえば、有名な「ジギー・スターダスト」のように架空のキャラクターになりきってステージングをするスタイルなんかは、今見るとすぐにヴィジュアル系アーティストを連想できる。
あとベルリンでブライアン・イーノと共作した「Low」、「Heroes」は当時のベルリンの空気感までアルバムの音の中に閉じ込めたような作品作りがすばらしい。
同じくイーノと共作の「Outside」も大好きなアルバム。フィクションの物語世界を設定して、その世界そのものをアルバムの中に作り出す。そういうストーリーを語る能力は、僕がヴィジュアル系アーティストに期待する世界そのもの。

音楽は、ただノリがよかったりメッセージを歌うだけじゃなくて、世界を創ることができる。
Gacktの作品に触れて、そのことに気づいたことが、そもそも今みたいに音楽を聴くようになったきっかけ。ヴィジュアル系アーティストは他のアーティストに比べてそういうことにより自覚的で積極的で、その気になれば高い表現力を発揮できる。って期待してヴィジュアル系音楽を聴いてる。
ボウイの音楽を知って、そういう、音楽を通した世界創りを、何十年も前からこれだけのレベルでやっていたアーティストがいたってこと自体に感動してしまった。すごいかっこいい!
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-12 22:43 | 海外アーティスト
ever lasting
インディーズV系アーティストのビデオをたくさん観てる今日この頃。
でもインディーズだとなかなか演出に凝ったPVとかは見つからないねー
資金的な問題とかあるだろうし難しいと思うけど、期待してこれからも発掘していきたいところです。

[ever lasting(GARDEN)]

GARDENのビデオ「ever lasting」。
この中の「After promise」という作品はちょっと気に入ったかも。
映像の中に歌詞とイメージ画像を挟む演出はこれぞV系って感じで。
曲も、ハードなロックスタイルじゃなくてバラードな歌。
ヴィジュアル系は(黒夢みたいな毒々しいスタイルもありだと思うけど)どちらかといえばこういうしっとりしたロマンチックな系統をやった方がいい! こういうのを期待してるの! こういうのをもっと凝った演出でやってる作品はないかなー
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-12 22:32 | そのほか



V系ファンブログ
by natsuki1224
メニュー
カテゴリ
全体
LUNA SEA
GACKT
DIR EN GREY
L'Arc~en~Ciel
BUCK-TICK
Laputa
D'ERLANGER
Sleep My Dear
La'cryma Christi
清春
cocklobin
そのほか
海外アーティスト
雑記
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
最新のトラックバック
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧