David Bowie

[Sound + Vision(David Bowie)]

最近お気に入りのアーティストはデヴィッド・ボウイ。
デヴィッド・ボウイは昔はグラムロックを代表数するロックミュージシャンとして知られていたことで有名です。グラムロックってのはいわゆるお化粧ロックというか、派手なメイクとかをしたロックアーティストなんだけど、ボウイの作品はただ派手なだけじゃなく深く作りこまれたところがあって、単純に音楽とかヴィジュアルだけでなくそんなところも好きです。

たとえば、有名な「ジギー・スターダスト」のように架空のキャラクターになりきってステージングをするスタイルなんかは、今見るとすぐにヴィジュアル系アーティストを連想できる。
あとベルリンでブライアン・イーノと共作した「Low」、「Heroes」は当時のベルリンの空気感までアルバムの音の中に閉じ込めたような作品作りがすばらしい。
同じくイーノと共作の「Outside」も大好きなアルバム。フィクションの物語世界を設定して、その世界そのものをアルバムの中に作り出す。そういうストーリーを語る能力は、僕がヴィジュアル系アーティストに期待する世界そのもの。

音楽は、ただノリがよかったりメッセージを歌うだけじゃなくて、世界を創ることができる。
Gacktの作品に触れて、そのことに気づいたことが、そもそも今みたいに音楽を聴くようになったきっかけ。ヴィジュアル系アーティストは他のアーティストに比べてそういうことにより自覚的で積極的で、その気になれば高い表現力を発揮できる。って期待してヴィジュアル系音楽を聴いてる。
ボウイの音楽を知って、そういう、音楽を通した世界創りを、何十年も前からこれだけのレベルでやっていたアーティストがいたってこと自体に感動してしまった。すごいかっこいい!
[PR]
by natsuki1224 | 2009-05-12 22:43 | 海外アーティスト
<< EVANESCENT ever lasting >>



V系ファンブログ
by natsuki1224