LA VIE EN ROSE

[LA VIE EN ROSE(D’ERLANGER)]

2007年に再結成したバンド、D’ERLANGERがいま気に入ってます。
解散前にファンだった先輩に勧められて聴き始めました。

少し前からちょっとこのバンドの音楽は耳にしてたんだけど、なんとなくポップなバンドというイメージしかなくて、ちゃんと聴いてなかったんだ… 実際、代表曲でもある「Lullaby」とか「Moon And The Memories」、新曲の「Angelic Poetry」なんかはポップな曲で、そのあたりしか聴いてなくて。

この「LA VIE EN ROSE」もSADISTICAL PUNKというテーマだけど音自体はビートロック系で、はじめは、やっぱりBUCK-TICKみたいなポップなバンドなのかな…? と思ったけど、何度も聴いてるとそれだけではない味わいがわかるようになってきました。
初期の作品ということで音自体は軽くてもバンドの持つ雰囲気とかにじみ出てくる。じわじわと色気があって素敵。ダークだけど、退廃的ではなく妖艶な暗さ。ヴィジュアル系っていうと90年代のは中性的なイメージがあるけど、D'ERLANGERは男性的なエロス。かっこいい。

あと、TETSUのドラムが好き! 細かいフレーズに遊び心があって、リズム楽器だからってまったく堅苦しくなくて色気のあるサウンドにあっててすごい好みのタイプ。最近の映像をみたらかなり老けて見えたので、ああ、やっぱり17年ぶりの再結成だから…と思ったけど昔の映像をみてもあんまりイメージ変わってなかったので安心しました笑

再結成後の曲は以前ちょっと聴いた時(ほんとにちょっとね…)普通のヴィジュアルロックっぽいな、と思ってあまり興味をひかれなかったんだけど、このバンドの持ち味をちゃんと理解してから聴けばまた味わえるものがありそう。なので、まず昔のをもっと聴いてから最近のもまた聴いてみようと思います。
[PR]
by natsuki1224 | 2009-11-30 00:16 | D'ERLANGER
<< VISAGE Plastic Earth >>



V系ファンブログ
by natsuki1224