memento mori 090702

[memento mori 090702(BUCK-TICK)]

BUCK-TICKのライヴDVD
このツアーの時のライヴは実際に観に行ったけど、そのときは「いつもよりロックバンド!って感じで生々しい!」って感触。ただ、生で観たのが初めてだったからそう感じたのかな…とも思ったのですが、DVDでもやっぱり同じ感想でした。
いつものBUCK-TICKの作品が映画だとしたら、これは舞台演劇…ライヴなんだから元々舞台だけど……ゴシックなキャラクターっぽさはいつも通りだけど、まさにその場で演じてる!っていう、ライヴ感があった。BUCK-TICKらしさを最大限発揮しつつも、ロックバンド!って感じだった。「十三階は月光」のサーカス劇団がそのままロックバンドになったみたい。
音楽的にもすごくノリノリで盛り上がって、いつも地味なギターの星野英彦までが、アンコールでは飛び跳ねながらギターを弾いているのはちょっと笑ってしまった…ほほえましい笑 でも今回のヒデには貫禄を感じたなあ…いつもよりちゃんとロックバンドしてるからこそ、まじめな顔してギター弾いてるヒデが輝いてた。

まあとにかく、これこそ今のBUCK-TICK!っていうライヴだと思います。
[PR]
by natsuki1224 | 2010-03-01 20:26 | BUCK-TICK
<< ライヴ HYDE IS BACK >>



V系ファンブログ
by natsuki1224