カテゴリ:LUNA SEA( 19 )
Teardrop

[Teardrop(INORAN)]

INORANのニューアルバムだよー
収録時間は短いけど、ものすごく満足な一枚です。いつも通りのポジティヴなロックなだけでなく、パワフルなサウンドがかっこいい。そして、音はパワフルなのにINORANのボーカルは脱力系なところが、なんとなくやさしく滲んだ風景や憂いを感じて、不思議なギャップが心地よいです。
LUNA SEAでの、シンプルだけどセンスのあるギタープレイに比べて、今までのソロのギターはただ鳴らしてるだけに聴こえるところもあったけど、今回は違います。パワフルな中にもセンスのある、LUNA SEAとはまた違ったINORANのギターが新しい。
[PR]
by natsuki1224 | 2011-04-19 12:46 | LUNA SEA
PROMISE

LUNA SEAの新曲、配信が始まったよ!
収益金は東日本大震災への義援金になるそうです。

LUNA SEA「PROMISE」

ちょうど、INORANのソロの曲のようなポジティブなロック。ああいうのをLUNA SEAでやるとこうなるのか!という感じの…LUNA SEAのバンドアンサンブルの輝いてる感じと、RYUICHIの透き通ったボーカルが加わって、もっと前向きになった感じ。

なんか不思議な気分ですね…
LUNA SEAのファンになったのはあの、一夜限りの復活の時で、その時は本当に一夜限りだから新曲とかは無くて、自分がLUNA SEAのことを知る前に発表された曲ばっかりで。その時のインタビューを見てると、いつかは再始動するんだろうな、とは思えたけど…でも実際その時がきたんだっていう嬉しさは思ったより大きかったです。
復活ライブをテレビで観たりもしたけど、その時はそうでもなくて…新曲が手元に届いたらやっと実感が出てきました。自分にとってはじめてのLUNA SEAの新曲。
[PR]
by natsuki1224 | 2011-04-09 15:24 | LUNA SEA
TOUR 2010 Watercolor
INORANのライブ感想です。
月並みな感想だけど…とにかく音楽楽しい!っていう、そういうライブでした。
こう言ってはなんですが、INORANってあんまり歌得意じゃないみたいだけど、それでも一生懸命歌ってる姿が、かえってかっこよくて…前回のツアーの時「これで歌うのは最後のつもり」って言ってたのが信じられないくらいです。
LUNA SEAのライブビデオを観てても、INORANはマイク入ってなくても、いつも歌ってるんですよね。実は歌が好きなんだろうなあ…と、今回のステージを観た後にふと思いました。そんなINORANの全力全開が見れたライブでした。

ステージも、キャンドルを灯してとても柔らかい雰囲気で、「Watercolor」の世界がきれいに表現されてて、心地よかった。ゲストの笹川美和さんもとても雰囲気に馴染んでて、気に入ったのでCDも買ってきました。
アンコールなしで一気に最後まで音に包まれたライブ。終わった後の満足感がすごい!

最近、観に行くライブがみんな楽しくて幸せです。
[PR]
by natsuki1224 | 2010-06-20 22:53 | LUNA SEA
RISE TO COSMIC DANCE

[RISE TO COSMIC DANCE(SUGIZO)]

これはすごい。
SUGIZOの最新ライブDVD。
「言葉ではなく音で伝える」っていうSUGIZOのスタンスがこれほど説得力を持つとは思わなかった…正直に言うと、今までは、曲は好きだけどテーマはどうだろう? と疑問があったけど、いや、今でもSUGIZOのテーマすべてに共感するわけではないけど、音そしてライブという説得力が映像からも伝わってくるのを少し感じました。

まあそんなテーマとかそういうこと以前に演奏が素晴らしい。SUGIZO&THE SPANK YOUR JUICEのDVDも持ってるけど、それと今回とで同じ曲を演奏してるのを観るとぜんぜん違う。特にSUGIZOのギタープレイ、『THE CAGE」のイントロの音の鋭さと迫力のすさまじさにはそれだけで感動!
映像作品だけど音に圧倒されっぱなし。宇宙的な音の空間。

あといろんなタイプのミュージシャンたちが集結したステージ、その絵自体も楽しい。多くのジャンルを融合させたSUGIZO MUSICが、単にごちゃごちゃしたものではなく、音楽としてだけでなくパフォーマンスとしても形になってた。
『COSMOSCAPE』でのパーカッションなんかはたくさんの人に観てほしいと思ったなあ
そしてもう一度言うけどそんな中でも光るSUGIZOのギターが最高です
[PR]
by natsuki1224 | 2009-04-22 00:31 | LUNA SEA
***
LUNA SEAの曲名をシングル以外なかなか覚えない自分



曲そのものが聴いててとにかく気持ちいいから、
それ以上のことは気にならなくなっちゃうからなんだけど。
Gacktの作品のようにひとつひとつの世界を読み解くようなものじゃないし
たまには一曲一曲じっくり聴いてみてもいいかもしれない


ヴィジュアル系しか好きじゃなった自分がロック好きになったのはLUNA SEAがきっかけだと思う。ロックの音、というものを意識しだしたのはラルクを聴きはじめてから、だから、ラルクの影響もたくさんある けど決定的なのはLUNA SEA
音そのものがすごく好きだから

それでいてヴィジュアル面も好きになれるバンドだからもう理屈抜きで好き
[PR]
by natsuki1224 | 2009-02-14 00:10 | LUNA SEA
INORAN
 

INORANのソロは、こないだ出た単行本だけ持ってたんだけど…
本だけというのもなんなので、というか、そろそろINOの音楽にも興味がわいてきたから、最近よく聴いてる。

最初に聴いたのが最新アルバムの『apocalypse』で、これが思ってた感じと違った。LUNA SEAのときのイメージからなんとなく予想してたのとは全然違う音楽だった。こんな明るい感じの歌うたう人だったの…? それが第一印象。
でもどこかLUNA SEAの中にあった抒情感というか、そういうものが不思議と見えてくるような。透き通るようなロックサウンド。よく聴くとただ明るいんじゃないというか。『Cheval’s palace is here』みたいな世界観も好き。

そのあと聴いた1stアルバム『想』の方が深く落ち着いた雰囲気でINORANらしいと思えたけど、なんでか『apocalypse』のほうが気に入った。



それと、じっくりINOのサイトを見てると流れてる曲がいいなーって思って、インストアルバムでないかなーと思ってたらしっかり『SHADOW』の発売予定情報が出てて、これも発売日にちゃっかり購入。なんてタイミングだ・・・
サイトで流れてた『Impression』は『Cheval’s palace is here』のギターのワンフレーズが遠くから聴こえてくるように入ってくるのがすき。楊乃文さんが歌う『Journey』は空が広がるような突き抜けるボーカルトラック。これ、ほんとに好き。LUNA SEAの中にもこういう光景がどこかに見えてたから心にひっかかった。
他の曲はまたちょっと予想してない方向性で…でも意外と聴いてるうちになにか見えてきます。

SUGIZOの音楽に最初すこし距離を置いてたのは、あまりにも自分にとってツボすぎるのといかにもSUGIZOって感じすぎるから最初は冷静に聴けなかったからで、逆にINORANは予想外の音楽が多くて素直に楽しめます。
すとんと心に入ってくるロック。
[PR]
by natsuki1224 | 2009-01-08 12:46 | LUNA SEA
SLOW
そういえば、INORANの本かった話し前に書いたけど、結局アルバムは買ってない。
INORAN、好きだけど曲はあんまり好きな感じじゃない

SUGIZOは、最初あと一歩かと思ったけどなんども聴いてるとすごい好きになってきた…ルナシーで最初に知ったのがSUGIZOだから感慨深い
この話はまたこんど書こう。


そういえばルナシーのバラードアルバム「SLOW」を買ったよ
早めの曲が多いオリジナルアルバムとはまた違ったテンポがあって素敵 かっこいい
これはこれですごくルナシーらしい。
曲も面白いのそろっててコンプリートベストよりこっちが好き。
[PR]
by natsuki1224 | 2008-10-19 04:52 | LUNA SEA
Monophonic

[INORAN『Monophonic』]

最近画集とかなんやら本を買うことが多くて、勢いというかなんというかでいまさら買いました。
はじめはアーティストが、というかINORANが本を出すってどうなんだろう…と特に興味もなくスルーしてたんだけど急に興味が湧いて買ってきた。

こないだSUGIZOのアルバムを買ったことといい、なんやかんやでLUNA SEAメンバーのソロには興味があるなあ。
そういえば、はじめてLUNA SEAのライヴをきちんとみたのがONDで(テレビでみた)、それまでの間それぞれがソロやってたとか、今までの歴史は知識としては知ってても体験としてはまったく無い状態でいきなり“再結成”をみたわけだけど。そのライヴをみただけでそこまでの歴史の重みが感じられて…
あのとき『LOVELESS』が始まった瞬間。それぞれがソロ活動をやってきて、演奏とか表現力とか、それ以外にもいろんな意味で重みのある輝きを得て、そしてあの瞬間にがっちり集まったんだなあってのが…すごく、一瞬で、直感で感じられた。
だからそれぞれのソロに興味があるのかっていうと、そこまで意識してたわけでもないけど…笑 今思い返すと、そんなこともあったなあと。

で、本のことに話を戻すと…すごくシックなデザインだよね。
こういうの好きだなあ。写真もかっこいいし(なんだこの普通な感想)すごく落ち着いた感じでまとまった本。予想通り驚くような内容は無かったけど、大事にしたくなる。
インタビューとかの方は、なんとも可もなく不可もなく!ストイックというか。
もう…INORANらしいな!って内容で。LUNA SEAのことも終幕からONDまでしっかり語ってて、ソロ作品もアルバム一つ一つ丁寧に語ってて、個人インタビューも多くて、おきまりの、はじめてギターを手にした時の話とか、とりあえず内容は一通りのことを網羅してるのでINORANファンは買おう。

自分はどちらかというとSUGIファンだけども満足な内容でした。
デビュー当時からの写真もほんの少しだけど載ってるのもうれしいな。

こんどINORANのCDも聴いてみよう!(CD持ってないのに本を買ったんだ!)
[PR]
by natsuki1224 | 2008-08-14 01:32 | LUNA SEA
COSMOSCAPE

[COSMOSCAPE(SUGIZO)]

早速買ってきた!
SUGIZOはシングルは少し持ってるけどアルバムははじめて。
ベストアルバムと名づけられてるものの、普通のアルバム以上にタイトでソリッドでシリアスで、自身の世界をここに集約させることだけに絞った選曲。この作品のつくりかたはすごく自分と似ています。ナルシスティックでいやですね(いやなの!?)

SUGIZOの世界観が持つ宇宙的な感じがLUNA SEAに与える力、イメージ、そして空間に広がるようなギターやバイオリンのフレーズがバンドサウンドに絡むところがものすごくものすごく好きなんだけど、SUGIZO自身のソロワークスは自分の好きな音楽性とは少しずれるところがある。SUGIZOの音楽はキラキラしててきれいすぎる感じがあって、僕はもっと汚れたところがあったり、もしくはもっと曖昧でぼんやりした音楽が好き。
でもアルバムを聴いてる中でなんども聴こえてくるSUGIZOのギターフレーズを楽しめるってだけでじゅうぶん好きなアルバム。それだけで好き!
ジャケットもキラキラした感じ。見慣れてくると、そしてアルバムを聴き慣れてくるとその音の世界観ととても調和していて、SUGIZOらしさもあってけっこう好きかも。

どこをとってもSUGIZOという世界を純粋に抽出した作品です。
SUGIZOファンなのでこの作品を手にできたこと自体がうれしい。
[PR]
by natsuki1224 | 2008-07-24 22:40 | LUNA SEA
歌詞
実はルナシーの曲を聴くとき、歌詞はあんまり意識してない。
歌詞おぼえてはいるけど、言葉よりは音としてとらえてる感じで。
それでも後期のわかりやすい感じの歌詞はつかみやすい感じ。
最近はじめてインディーズの『LUNA SEA』の歌詞をじっくり読んだんだけど、
これはすごいシュールな歌詞だね…
「FATE」と「PRECIOUS...」はわりとわかりやすい歌詞で
頭に入ってきやすかったんだけど、他のは…
ヴィジュアル系とはいえここまで不思議な詞ってわりとあるもんなのかな。
なんだかアブストラクトだったりシュールな歌詞が妙に気に入ってしまいました。「巨大な鳥に乗り」とか急に不思議な絵が浮かぶ詞になったり意外と刺激的。
RYUICHIおもしろい。
[PR]
by natsuki1224 | 2008-06-10 01:50 | LUNA SEA



V系ファンブログ
by natsuki1224