<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
どうしても思い出せない
Toshiyaの髪どっち側がないのか忘れた
[PR]
by natsuki1224 | 2009-01-25 00:04 | DIR EN GREY
GALAXY

[GALAXY(BUCK-TICK)]

「HEAVEN」につづいて今回も昔ながらのバクチクらしいキラキラしたポップなロック。
今までのアルバムでいうと「SEXUALXXXXX!」に近い感じを覚える。
毎回いろんなスタイルなバクチクで、他の作品に近いなって感じるのは珍しいんだけど。
あの頃のキラキラ感でそのまま深みが増したような
はからずも成長ぶりが見えてきたりもするような。
そして歌詞には今までに積み重ねてきたものを感じる。

ところで、BUCK-TICKを知ったのは「十三階は月光」の時だったから、こういうふうに先行シングルを聴きながらアルバムを待つのは、「天使のリボルバー」のときと今回で二回目。
毎回違うスタイルを見せてくれるバンドの新作を待つのってこんなに楽しいものなのか! と思ってます。特にバクチクは、そのへん全力で楽しみにしてても絶対裏切らないだろうな。
[PR]
by natsuki1224 | 2009-01-13 23:47 | BUCK-TICK
INORAN
 

INORANのソロは、こないだ出た単行本だけ持ってたんだけど…
本だけというのもなんなので、というか、そろそろINOの音楽にも興味がわいてきたから、最近よく聴いてる。

最初に聴いたのが最新アルバムの『apocalypse』で、これが思ってた感じと違った。LUNA SEAのときのイメージからなんとなく予想してたのとは全然違う音楽だった。こんな明るい感じの歌うたう人だったの…? それが第一印象。
でもどこかLUNA SEAの中にあった抒情感というか、そういうものが不思議と見えてくるような。透き通るようなロックサウンド。よく聴くとただ明るいんじゃないというか。『Cheval’s palace is here』みたいな世界観も好き。

そのあと聴いた1stアルバム『想』の方が深く落ち着いた雰囲気でINORANらしいと思えたけど、なんでか『apocalypse』のほうが気に入った。



それと、じっくりINOのサイトを見てると流れてる曲がいいなーって思って、インストアルバムでないかなーと思ってたらしっかり『SHADOW』の発売予定情報が出てて、これも発売日にちゃっかり購入。なんてタイミングだ・・・
サイトで流れてた『Impression』は『Cheval’s palace is here』のギターのワンフレーズが遠くから聴こえてくるように入ってくるのがすき。楊乃文さんが歌う『Journey』は空が広がるような突き抜けるボーカルトラック。これ、ほんとに好き。LUNA SEAの中にもこういう光景がどこかに見えてたから心にひっかかった。
他の曲はまたちょっと予想してない方向性で…でも意外と聴いてるうちになにか見えてきます。

SUGIZOの音楽に最初すこし距離を置いてたのは、あまりにも自分にとってツボすぎるのといかにもSUGIZOって感じすぎるから最初は冷静に聴けなかったからで、逆にINORANは予想外の音楽が多くて素直に楽しめます。
すとんと心に入ってくるロック。
[PR]
by natsuki1224 | 2009-01-08 12:46 | LUNA SEA



V系ファンブログ
by natsuki1224